極み菌活生サプリの飲み方、正しい飲むタイミングはいつ?

極み菌活生サプリの飲み方について紹介していきます。飲む期間として適当と思われる日にちや、アレルギーについても解説していきますので、極み菌活生サプリ飲み方などについて知りたい人はぜひご覧ください。

極み菌活生サプリの正しい飲み方、飲むタイミングはいつ?

極み菌活生サプリには、摂取するタイミングや量について、パッケージには記載されていません。

これは、極み菌活生サプリが健康食品であり、お薬ではないためです。食品の場合は、薬のように摂取タイミングや摂取量をパッケージに明記することはできないと法律できまっています。

「じゃあ、どうすればいいの?」と感じる人も多いと思います。ただ、あまり悩むことはありません。原則的に、サプリメントはいつ摂取しても問題ありません。これは、極み菌活生サプリでも同様です。

そのため、極み菌活生サプリを実際に飲んでいる人には、いろいろなタイミングで飲んでいらっしゃるようです。

例えば、昼食や夕食の後。サプリメントに含まれている成分も、食事で食べられる成分と同じように吸収されることが多数です。したがって、食事によって腸が活発になっている時間とあわせて、極み菌活生サプリを飲む人が多くいらっしゃいます。

もうひとつのタイミングは、毎日同じ時間に飲むという飲み方です。

まだ極み菌活生サプリを飲む習慣がついていないときは、どうしても飲むこと自体を忘れがちです。そのため、毎日決まった時間に飲むようにしておくと、「今日は飲んだかな?」と悩むことなく飲み続けていくことができます。

例えば、朝起きてすぐや、夜就寝する前などがわかりやすいかもしれません。そのほか、仕事にでる直前や帰宅してすぐなど、自分にとって区切りのつけやすい時間帯に飲む習慣をつけておくと、続けやすいでしょう。

また、100円ショップなどで販売している、サプリメントを小分けにして保管しておける容器もとても使い勝手がよいです。1週間分をまとめて入れておけば、毎日飲んだかどうかをすぐに確認することができます。

◆極み菌活生サプリの耐酸性カプセル

極み菌活生サプリでは、他のサプリメントと異なり、胃酸の海にも強い耐酸性のカプセルを使用しています。

極み菌活生サプリでは、生きたままの乳酸菌やビフィズス菌を腸内へと届けることにより、腸内フローラをよりよい環境へと働きかけることを目指しています。

そこで、重要となってくるのが、耐酸性カプセルです。身体のなかに入った食べ物は、口から食道をとおり、胃を経てから腸へと送られます。しかし、多くのサプリメントでは、この胃をとおるときに胃酸から影響を受けてしまいます。

極み菌活生サプリでは、耐酸性ハードカプセルを採用することにより、乳酸菌やビフィズス菌、酪酸菌といった成分を、胃酸の影響から保護するための措置をおこなっています。

このため、極み菌活生サプリでは、配合された成分を腸まで少しでも多く届けることが可能となっているのです。

極み菌活生サプリを飲む期間はどれくらいがいい?

極み菌活生サプリは、身体を内側から健康へとアプローチしてくれるサプリメントです。やはり、健康は毎日の、少しずつの積み重ねが大切となってくるため、毎日の食事と同じように、継続していくことが推奨されます。

「身体が軽くなったなぁ~」とか、「お通じがよくなったかも!」と変化を実感されている利用者の人の口コミを見ていくと、おおよそ3ヵ月ほどの継続をされているようです。そのため、3ヵ月ほどの期間を見ていくと、極み菌活生サプリの実力を肌で感じることができるようになると思われます。

アレルギーがある人は極み菌活生サプリを飲まないほうが良い?

極み菌活生サプリは、下記のようなアレルギーを持つ方は使用を控えてください。

極み菌活生サプリには、特定原材料としての「乳成分」と「かに」が含まれています。これは乳酸菌などの成分と、ほかにキトサンがかにの甲羅からとれる成分であることに理由があります。したがって、乳成分やかににアレルギーを持っている方は使用しないようにしましょう。

また、特定原材料に準ずるものとして、「大豆」、「ごま」、「オレンジ」、「りんご」、「バナナ」、「キウイフルーツ」、「カシューナッツ」、「やまいも」も含んでいます。それぞれはもちろん栄養に優れた食物なのですが、アレルギーを持つ人にとっては、リスクとなることもあるため、使用は控えてください。

もちろん極み菌活生サプリは、サプリメントとしての安全性には特別の配慮をしています。ただし、妊娠中や授乳中などの方では、使用頻度や体質により影響が異なる場合も考えられます。そのため、不安を感じられる方は、かかりつけのお医者様へとご相談のうえ、ご使用ください。