極み菌活生サプリの主要な栄養成分とそれぞれの役割

極み菌活生サプリに配合されている栄養成分それぞれの役割について解説していきます。極み菌活生サプリのパワーの源に興味のある方は、ぜひご覧ください。

極み菌活生サプリの主成分「乳酸菌」とは

乳酸菌は、みなさんもどこかで聞いたことがありますよね!ヨーグルトなどの乳製品に多く含まれている細菌で、古来から、健康促進のために多くの人に親しまれている成分です。

乳酸菌の特徴は、腸内に住んでいる細菌のバランスを整えてくれること。まさに腸内フローラを整えてくれる主成分です。乳酸菌は多種多様な種類があって、腸内を酸性へと導き、腸内が腐敗していくことを抑えてくれる働きがあります。

また、腸内が動くことを「ぜん動運動」というのですが、この運動をサポートしてくれるため、便秘の改善にも役立つんです。しかも、最近の研究では、免疫機能の向上や、中性脂肪や血中コレステロールの軽減にも役立つことがわかってきています。

極み菌活生サプリには、この乳酸菌を生きたまま1億個も配合。そのため、極み菌活生サプリは腸内環境を整え、身体を内側から健康的に、若々しくアプローチしてくれるんです。

極み菌活生サプリの主成分「ビフィズス菌」とは

ビフィズス菌は、人間の腸内に生息している細菌です。「細菌」と聞くと、何か病気を引き起こしてしまうような印象を受けてしまいますが、ビフィズス菌はそうではありません。逆に、整腸作用などの働きが見られるため、善玉菌とも呼ばれています。

人間の腸内では、善玉菌や悪玉菌と呼ばれている細菌が両方生息しています。悪玉菌は、活動の過程でアンモニアやインドールなど腸内を腐敗させる物質を生成してしまいます。ビフィズス菌は、この悪玉菌の活動を抑制してくれるため、腸内フローラのバランスを改善してくれます。

結果として、下痢や便秘などが軽減されていくんですね。腸内フローラが整えられると、感染防御の働きも高まるため、免疫を調節する働きもみせてくれます。さらに、脂質代謝改善の働きまであるといわれているんです。

極み菌活生サプリには、このビフィズス菌を8,000万個配合しています。腸内フローラを整えてくれるビフィズス菌を腸内へととどけることにより、さまざまなアプローチで内側から健康美人へと導いてくれるというわけです。

極み菌活生サプリの主成分「酪酸菌」とは

腸内環境をよくしてくれる細菌として、乳酸菌とビフィズス菌は広く知られている存在です。近年、腸内フローラの研究が進むとともに、注目を集めているのが、酪酸菌です。

酪酸菌は、体内に入った食物繊維を分解して、短鎖脂肪酸の一種である酪酸を生成する細菌の総称をいいます。酪酸菌により生成された短鎖脂肪酸は、大腸がぜん動運動をすることをサポートするほかに、水分やミネラルを吸収することを助けてくれます。

また、大腸の粘膜の上皮細胞のエネルギー源となるため、上皮細胞が代謝することを助け、健康的な腸内フローラを保つことへと導いてくれます。

このように、まだあまり知られていない酪酸菌ですが、身体を内側からキレイにすることに欠かせない腸内フローラへの貢献度は非常に高い成分なんです。

極み菌活生サプリには、この酪酸菌を2,000万個も配合しています。乳酸菌やビフィズス菌だけにとどまらない、極み菌活生サプリの腸内フローラへの働きかけは、この酪酸菌の存在にもあるんですね!

極み菌活生サプリの主成分「キトサン」とは

一般的な腸活サプリメントでは、乳酸菌やビフィズス菌だけの配合にとどまるものも多いですが、極み菌活生サプリでは、それ以外にも腸内環境に役立つ成分を配合しています。

その一つがキトサンです。キトサンは、カニなどの甲殻に含まれている成分です。基本的に、人間はキトサンを消化する酵素を持たないため、キトサンは、人間の体内では食物繊維として働きます。

そして、腸内で、余分な油を吸収してくれるんです。ゆっくりと腸内を移動していく間、余分な油を吸いながらお掃除をしていってくれるため、キトサンには食事中のコレステロールの吸収を軽減する働きがあるといわれています。

このように、キトサンを配合することで、コレステロールの吸収を抑え、腸内を清潔にしてくれるサポートへと導いてくれます。

極み菌活生サプリの主成分「竹炭」とは

竹炭も、キトサンと同じように腸内にたまった老廃物をお掃除してくれる成分です。竹炭には、表面に多数の穴があいています。この穴に、腸内の老廃物が吸着していきます。

竹炭は、その吸着した老廃物ともども体外に排出されていきます。このようにして、腸内をお掃除し、腸内環境を整えることに役立ってくれるのです。

また、竹炭には現代人に不足しがちなミネラルも豊富に含まれています。ミネラルは、身体の調子をととのえるためにも必要な栄養成分です。

極み菌活生サプリには、この竹炭を配合することにより、2億個も配合された乳酸菌やビフィズス菌の働きをサポートしています。

極み菌活生サプリの主成分「2種類のオリゴ糖」とは

極み菌活生サプリには、イソマルトオリゴ糖とフラクトオリゴ糖という、2種類のオリゴ糖が含まれています。

この2種類のオリゴ糖は、乳酸菌やビフィズス菌といった最近のパフォーマンスを最大限に生かすために配合されています。というのも、イソマルトオリゴ糖やフラクトオリゴ糖は、上記の菌のエサになるからです。

極み菌活生サプリに配合されている乳酸菌やビフィズス菌は、イソマルトオリゴ糖とフラクトオリゴ糖を媒介しながら、腸のなかで増殖していきます。

さらに、この2つのオリゴ糖は、でぶ菌とよばれる細菌は増やさない性質も持っています。2重の意味で、腸内の環境をよくしてくれる成分です。

極み菌活生サプリの「耐酸性ハードカプセル」とは

極み菌活生サプリを特徴づけているものは、なにも成分だけではありません。極み菌活生サプリの主成分を包んでいるカプセルにも秘密があります。

その名前は、「耐酸性ハードカプセル」。極み菌活生サプリの1粒に凝縮された乳酸菌やビフィズス菌を、より多く腸へと届けるための工夫です。

一般的な菌活サプリでは、通常のカプセルを使用しているため、どうしても胃を通過する際にその多くが死滅してしまうかもしれないリスクを持っています。腸は胃の先にあるため、これはなかなか避けられないリスクです。

極み菌活生サプリでは、特許製法のコーティングカプセルを採用しています。このカプセルは耐酸性を持っているため、強い酸性を示す胃酸のなかでも、なかなか溶けることがありません。

そのため、極み菌活生サプリに配合されている乳酸菌やビフィズス菌は、本来の成分そのままに腸まで届くことが可能なのです。

この働きにより、極み菌活生サプリは、1億個の乳酸菌、8,000万個のビフィズス菌、2,000万個の酪酸菌のより多くを腸までとどけ、腸内フローラをよりよい形へと導いてくれます。

それぞれの主成分と、内包するカプセルの相乗効果によって、極み菌活生サプリは多くのユーザーから支持される腸活サプリメントとして、人気を集めています。口コミでも注目の「極み菌活生サプリ」。ぜひ極み菌活生サプリを手に取って、その実力を存分に味わってください。